煙草を辞めたのは32歳の時!補助薬のおかげでこなせた禁煙の毎日

ニコチンへの依存

タバコを中々止められない、これは喫煙者にとって永遠の悩みとなります。
元々喫煙していた人が、タバコを辞めることを禁煙と言いますが、簡単にできる事ではございません。
中々止められない事に対して意志が弱いなどと考えているかもしれませんが実はこれは意志の問題と言うよりニコチンへの依存の問題となるのです。
長い間喫煙していた人が急にたばこを辞めるとついてくるものが禁断症状です。
他にも離脱症状などと言ったりしますが、これは依存症には必ずついてくるものなのです。
タバコにはニコチンが含まれており、禁煙できない人はたばこと言うよりニコチン依存症になってしまっているのです。
タバコを吸った時にニコチンも一緒に摂取します。
そして脳へと送り出されて脳にある専用の受容体へと結びつきドパミンが放出されるのです。
ドパミンが放出されると、リラックス感やすっきり感、満足感など人間の感情にとってメリットな事が起こるのです。
そしてまたその感情を味わいたくてたばこを吸い、そしてだんだんとたばこを吸う頻度も多くなるのです。
最終的にはたばこを吸わないと逆に不安になってしまったりイライラしてしまうようになるのです。
タバコを急に止めると不足になってしまい禁断症状が出てしまうのです。
物事に集中できなくなってしまったり、イライラしたり、手足の震えが出てしまったりなどと日常生活さえままならなくなってしまう事もあります。
では離脱症状を起こさないでたばこを辞めるのはどうしたらいいのか?
それは禁煙外来などに通う事が一番です。
禁煙グッズは様々な種類がありますが中々成功したという人はあまり聞かないです。
しかし専門外来などではチャンピックスと言う治療薬があり、この治療薬を続けることで中々たばこを辞められなかった人も簡単に辞めることができているのです。
この治療薬を摂取することにより、有効成分がニコチンの受容体へたばこより早く結びついてくれそして少量のドパミンを放出してくれます。
120日間続けるように推奨されていますが、服用を始めてからたった一週間でたばこを辞められてという方もいます。
チャンピックスはたばこを辞めたい人の最後の砦と考えて、意志を強く持って希望の光へと進みましょう。