煙草を辞めたのは32歳の時!補助薬のおかげでこなせた禁煙の毎日

チャンピックスの作用

喫煙習慣を続ける事で人の寿命は十年以上縮むと言われ、また手術など外科的治療をほとんどケースで必要とする癌などにかかる発症リスクは通常の三倍とも言われ、1本また1本と吸い続ける事により体の健康が損なわれ後に辛い経験をしなければならない事へと発展していきます。
増税や喫煙スペースも限られるようになり始め、周囲へ与える悪影響にも目が向く様になり大都市圏では路上はもちろん飲食店等でも喫煙する事が出来なくなり喫煙者への周囲の目も冷たくなってきています。
禁煙する事はまず最初の何日かで現れる離脱症状が非常につらく、集中困難になる事や苛立ち、手や指先が震えるなど落ち着かない状態が続き、断念してしまう方も少なくありません。
タバコの中に含まれるニコチンは非常に高い中毒性があり、こういった症状は血中内のニコチン濃度が半減する事により起こり、また脳内ではドパミンを分泌させるのでタバコ自体を美味しいと感じ満足感などが得られる為により困難にしてしまいます。
そこで従来からある製品ではなく、非ニコチン剤であるチャンピックスを用いる事でこれらの症状などを緩和し無理する事なくタバコを止める事が出来る様になりその成功する確率は60%近くにもなると言われています。
チャンピックスとは、バレニクリン酒石酸塩という成分を0.5から1mgの配合用量とした経口服用する事で脳に作用し効果を発揮する薬になります。
ニコチン受容体に結合する紫衣分となり、二つの作用を服用者にもたらし刺激と拮抗の作用を示し、禁煙にかかる辛い症状を軽減しまたは欲求を無くしてくれます。
刺激作用としてニコチンと比較しても少量のドパミンを放出させる事が出来るので、離脱症状や喫煙欲求を減らす事ができ、拮抗作用としてはドパミン分泌にかかる作用を弱める事で喫煙する事で得られるスッキリするなどの感覚を鈍くしタバコを必要としなくしてくれる作用となります。
成分にはニコチンを使っていない事も完全にタバコから離脱する事に繋がり、体へ精神に負担を強いる事なく始められるので有効な効果が期待出来る薬となります。