煙草を辞めたのは32歳の時!補助薬のおかげでこなせた禁煙の毎日

新しい禁煙治療薬

チャンピックスとは、非ニコチン製剤となるバレニクリン酒石酸塩を成分とした禁煙を助ける補助薬となり従来既出の製品とは異なりニコチンを含有しない成分からなる為、新しい禁煙方法の選択肢の一つとしてファイザーから国内ではチャンピックス、米国ではチャンティックスの商標で医療機関向けの販売が行われ、国内での入手は市販で売られている薬とは異なり劇薬として指定されているので医師の処方箋が必要となる処方箋医薬品となります。

またファイザーは2013年には医薬品の売上高世界一を獲得している製薬会社になり、拠点を米国に置き、日本法人もあり渋谷区にファイザー株式会社で登録が行われている会社になります。

チャンピックスは、従来と大きく異なる点として少量のニコチン投与で煙草に置き換えるニコチン置換療法ではなく、バレニクリンを成分とする事で脳内にあるα4β2受容体の部分作動させる作用を持ち、刺激作用と拮抗作用の二つによって効き目が発現し、刺激作用としては部分的でありニコチンと比較しても弱いとされ、受容体を弱く刺激する事で少量のDAを分泌させる事ができ、血中内のニコチン濃度の低下により起こる辛い堪え難い離脱症状を緩和させる事ができ、さらに喫煙に対する欲求を抑える事が出来ます。

また拮抗作用は、本剤の投与を初めてから煙草を吸ってしまってもニコチンが受容体に結合してしまう事を妨げる事により、DAの分泌を抑制する事ができ作用を弱める事が出来るので、喫煙により今まで得られていた気持ちが落ち着くあるいは満足する等の感覚を得る事が出来なくなります。

また投与期間を三ヶ月とし用量の異なる0.5mgと1mgの二つの規格を用い、はじめの一週間の内、三日間は0.5mgを一日一回の単回投与とし、残りの四日間は一日二回の投与に変わり全て食後の経口内服となり、次の二週目からは1mg錠を一日に二回の投与へと変わります。

禁煙を考えているのであれば成功率も六割を超えるともされているので保険の適応も可能な場合もあるので医師に相談する事を推奨します。

チャンピックスは通販がお得|チャンピックス通販ガイド